2017年8月14日

川上憲伸さん、「谷元の手はアンコウのよう...」ってなに?

プロ野球おやじ戸井康成の「おっサンドラええがや」】
CBCテレビ「サンデードラゴンズ」(毎週日曜日午後12時54分から東海エリアで生放送)をみたコラム

お盆休み。久しぶりに地元に帰ってサンドラをご覧になっている方も多いでしょうね。
それでも、渋滞の中でヘトヘトで到着→実家で水入らずの昼食→ウトウトして見逃す!なんて方も?

ただでさえ、朝から高校野球→ナイターでプロ野球→深夜の世界陸上...と「いつ寝ればいいんだ」状態が毎日続いてますもんねー。私も御多分に洩れずそのパターン。っていうか仕事もしろと!はい!!

さて本編。見事950の最多登板新記録を達成した岩瀬から。

いやぁお盆って事もないでしょうけど、頼れる岩瀬が帰って来てくれましたなぁ。
本人も以前投げられなかった2015年当時の事を「生きてる感覚が無かった。」なんてコメントしてたぐらいですから、まさにお盆に合わせて天から蘇って来たみたいなもんですよ。

そんな岩瀬に各チームのベテランからコメントが...。
まずは阪神・福留選手。
「常にキツイ場面で登板する中でこの成績。精神的に強い。」
さすが、かつてのチームメイト。ドラフト同期でもあるだけによくわかってるねー。
続いて広島・新井選手。
「2種類の球種だけで抑えられる。落ちる球が無くてあの成績は凄い。」
何度となく対戦してきたであろう、敵チーム主砲のコメントだけに重みがあるね。
巨人・井端コーチも。
「打たせると言って、その通りショートゴロ...。いつも凄いなと思いながら守っていた。」
今やライバルチームのコーチ。でもドラファンからすると【貸してるだけ】って感じ?の井端コーチの目の前で新記録を達成したわけですから、なんとも言えない縁を感じるのは私だけ?
最後に解説を代表して山田久志さん。
「950登板?いや、その投げた倍の試合は毎回準備している。凄い事だよ。」
さすが長年投手コーチ、そして監督として共に闘ってきた山田さんならではの温かいお言葉。
皆さん岩瀬投手の新記録を大絶賛!
なんか自分の事のように嬉しくなるなぁ。(自分は何やっても三日坊主のくせに!)
改めて、大変な記録なんだと再認識。
いやホントお疲れ様です、岩瀬投手。

となると、1000登板に向けてこれからも頑張って貰うために余り負担はかけられません。そこで??谷元投手!
日ハムからの電撃トレードで中日入りした中継ぎのスペシャリスト。
ここで宮下純一リポーターが谷元投手にインタビュー!この辺りのタイミングの良さはさすがサンドラ。

三重県鈴鹿市出身だけに子供の頃はドラファンだったとの事。
「じゃサンドラも?」の質問には、
「みた事ありません!」とズバリ!
はい、もっと頑張りましょうサンドラ!
「チームに慣れた?」には、
「同い年の吉見や、ブルペン陣が声掛けてくれます。」
「どんな話を?」
「野球以外の話。名古屋の美味いお店何処?みたいな。」
本人曰く「人見知りな性格」との事だけど仲良くやってそう。
「みんなで力を合わせて強いブルペン陣を作りたい。」と頼もしい一言で締めくくってくれた。

現在(8/12)、谷元を加えたブルペン陣(伊藤、又吉、祖父江、岩瀬、田島)の防御率は驚異の0,45!!
これからもこの調子でお願いします!

最後に、今日の解説、川上憲伸さんの岩瀬評。
「凄すぎる。ただ、岩瀬さんにとっては通過点。」
続いて谷元評。
「手が柔らかい。アンコウのような感じ。」
ん?け、憲伸さん?
まぁ期待してるって事ですよね、はい。


【CBCラジオドラ魂ナイト】プロ野球ナビゲーター・戸井康成

 ※この内容はWEBニュースとして配信されたものです。

2017年8月7日

岩瀬最多登板新記録!記念にナナちゃん人形の横に岩瀬人形を?


プロ野球おやじ戸井康成の「おっサンドラええがや」】
CBCテレビ「サンデードラゴンズ」(毎週日曜日午後12時54分から東海エリアで生放送)をみたコラム

全国的に夏祭り・盆踊り大会のシーズン。私らローカルタレントにとっては汗水垂らしての働き時でもあります。

まあ、お祭りとなると皆さん気分が高揚するのか、ステージイベントもいつも以上に盛り上がります!今日もそんな盆踊り大会司会の後、録画したサンドラをチェック!

しかし、今週は盆踊り大会ならぬ花火大会でしたなぁ。
ハマスタ・東京ドームと一発の出やすい球場とはいえ、4試合で8本...打ち上げ(打ち上げられ)たもんですわ。
小雨を切り裂く一発もあれば謎の風?に乗ったフェンスギリギリのドームランもありと花火の種類も多種多様!
投手陣にとってはシンドイ夏場でしょうが、踏ん張ってくれと願います。

しかし、ドラ打線だって負けずに6本打ちました!その中でオールスター明け、大活躍の福田が3本!ゲレーロ・ビシエドに続く打順で「和製大砲」と期待も高まります。チームは勿論、ファンにとっても待望の右の長距離砲だよね?。
今季は、右肩痛から2軍スタート。奇しくも、ビシエドの「市民権問題」による離脱がスタメン&ブレイクのきっかけになった訳だから何が幸いするかわからんもんだなぁ。
ホームラン打った後の「バット投げ」がカッコいいと、ファンには好評ですがちびっ子諸君??マネする時は周りにお友達が居ないか注意して下さいよ。
あっ!これはお父様方にも言えるかも。飲み会での一発芸にはもってこいですが、投げた焼き鳥の串が上司の頭頂部を直撃!なんて大惨事になるかも!爪楊枝ぐらいで1人で盛り上がりましょう(笑)
しかし福田本人のコメント、
「かましてやろうと思ってた。」が頼もしいじゃありませんか??どんどんかましてもらいましょう。

そして、もちろん特集は最多登板日本タイ記録を達成した岩瀬!

毎回言うけど、歳下なのに「岩瀬さん」と思わず言っちゃうほど尊敬しております!もう、惚れております!

タイ記録となった949試合の登板の場面もどうよ?
9回2死1、2塁ですよ!しかも相手は4番阿部!案の定いきなり右前打!もう手に汗どころかちびりそうだよ!続く村田にも3-1と不利に立たされて...。もう私、本番中なの忘れ、ラジオのスタジオで目つぶってましたもん!(ラジオですからそれでも聴こえる訳ですが...)。
でも、ここで一旦セットに入ってから岩瀬自らプレート外してタイム取ったんだよね。何か感じたの?何を感じたの?表情が変わらないだけに読み取れない。で、そこからいつも通り淡々と136キロの直球で右飛に打ち取りゲームセット!見事タイ記録達成、3勝目ゲット!大したもんだよ、岩瀬。いや岩瀬さん!

米田さん、金田さんの名前は「日本プロ野球物語」なんていう歴史の本、いや絵巻物に出てくる名選手ですよ。その2人を追い越し並んだ訳だから本当凄いこと。

本人がクールで「前へ前へ」ってタイプじゃないだけに、新記録達成の際は球団が大プッシュして全国的に盛り上げて欲しいもんですなぁ。
(個人的には銅像。しかも名古屋名物・ナナちゃんの横に一回り大きいサイズの岩瀬さん人形の建設を希望。出来れば、蛇口捻ると地元の西尾茶が出る仕組みで。新しい待ち合わせスポットにいかが?)

解説の牛島和彦さんは、
「あの年齢でよく戻ってきた。」
彦野利勝さんは、
「折角、現役でいるんだから若手はもっとコミュニケーション取って欲しい。」とそれぞれコメント。

全くその通りだと思います。

...てな事書いてるうちに、この日のデーゲームで950の新記録達成!
出番は相変わらず厳しい場面だったけど、淡々といつも通りの岩瀬、いや岩瀬さんだったようです。怪我なく頑張ってください。応援してます!

【CBCラジオドラ魂ナイト】プロ野球ナビゲーター・戸井康成

※この内容はWEBニュースとして配信されたものです。

2017年7月31日

森本稀哲緊急提言!「苦しい時こそ...」

【プロ野球おやじ戸井康成の「おっサンドラええがや」】

CBCテレビ「サンデードラゴンズ」(毎週日曜日午後12時54分から東海エリアで生放送)をみたコラム

 

週末3日間はCBCラジオ夏祭りの為、名古屋市栄・久屋大通り一帯は大変な賑わいでした。私も最終日にステージ&ブースにて出演。30日深夜帰宅後、録画したサンドラを鑑賞。で、イマココ。

 

梅雨明けしたはずなのに、身体にまとわりつく様なじめーっとした湿気。

何もこれは天気のせいだけじゃない。

 

そうドラゴンズ2年振りの7連敗(29日時点)...。どれも負け方が悪い...。

 

2試合連続のサヨナラ負け。しかも10点差を逆転されたり、主砲がケガしたりと踏んだり蹴ったり!一足早く夏休みモードなの?何処か出かけるにもお金無いよ、だって借金14もあるんだから!(我が家の今朝の会話がそのままチームに当てはまるとは...)

 

解説の川上憲伸さん。

「ドラ1トリオの崩壊が投手起用を難しくしている。」

確かに柳の故障、鈴木の2軍落ちは期待値が高かっただけにファンもショックだな。

でも、逆に2軍で出番を待っていた(ハズの)投手達にはチャンスと捉えてガムシャラにやってもらいたいね。

プロなんだから皆ガムシャラに精一杯やってるんでしょうけど、どうもドラ選手達はその辺りのアピールが他球団の選手に比べ控え目に映るのよ。色んな見方があるでしょうが、1球づつ吠える様な闘志むき出しのアピールもたまにはありかと。それを見て他の選手がどう思うのか?チームにどんな化学反応が出るのかも見てみたいってのは私だけ?

 

解説もう一方は森本稀哲さん。

「代打陣の4割超えは驚異的な数字。打者は夏場にバットが振れてくる。」とコメント。

確かに松井佑・堂上・谷あたりの代打成功率は驚き。チーム打率は借金3まで迫った6月より良いもんねー!

でも、夏場にバットが振れるのは他球団も同じなワケで...(*_*)

総じて投手陣に疲れが見えるこの時期ですからね。後半11試合で75失点・防御率6.24ではあかんな、やっぱり。

1人でもいいから救世主となるピッチャー出て来てくれー!!

 

...と願っていたらなんとデーゲームで連敗ストップ!しかも先発は登録されたばかりの八木!阪神打線を6回2安打無失点に抑える好投!八木投手と言えば「子沢山の苦労人」キャラ。人一倍人生かかったプレーはチームに何かをもたらしてくれるはず。期待しております!

打線は森本さんのおっしゃる通り、11安打7得点の猛攻。中でも松井佑・福田が共に猛打賞!えぇでえぇで。

 

番組冒頭、ファンのインタビューでは

「負けても負けても負けても...応援する。」

「負けてる時こそ、応援したい。」と

皆さん熱い。

森本さんの一言が胸に響く。

「苦しい時こそ選手がどういうプレーをするのかをファンは見たい。」と。

 

ファンはAクラス浮上を誰も諦めていない!信じ、願い、待つ!のだ。

選手の皆さん!見てますよ?ファンは。見られてますよ?あなた!!

 

頑張れ、ドラゴンズ!

 

【CBCラジオドラ魂ナイト】プロ野球ナビゲーター・戸井康成

 ※この内容はWEBニュースとして配信されたものです。

2017年7月24日

ドラ大島、逆襲の後半戦に向け「チームとして失敗もあるが成長もしている」

【プロ野球おやじ戸井康成の「おっサンドラええがや」】
CBCテレビ「サンデードラゴンズ」(毎週日曜日午後12時54分から東海エリアで生放送)をみたコラム

夏休みに入りました!
近所の公園をアイス片手に、Tシャツ&短パンでぶらぶらするのを生き甲斐としている私としては、子供達の元気な声とそのママ達の冷たい視線との戦いのスタートでもあります...。

さて、今日のサンドラはそんなヤワな戦いではなく「逆襲の後半戦」と題してお届け。

解説はお二方。大島康徳さんは
「やっと戦力的に整ってきた。明るい材料。」とコメント。
ハイハイ、何とかビシエドも帰ってきたしね。

今後必要な事は?という問いに赤星憲広さんは、
「主力のケガ人を出さない事。おかしいと思ったら休む勇気も。」と。
いやいや、そうなんですけど整ってきたばかりですし...(*_*)散々休んだビシエドがまた休むとか無しの方向でお願いします!頼むぞビシエド!

番組は1週間のゲームを振り返りつつ、そのゲームのポイントになった選手の声を挟み込むスタイル。
小笠原、吉見、大島、ビシエド...。

中でも大島に注目!
今シーズンは開幕から好調をキープ。その要因について本人曰く、
「昨シーズンから身体を作ってきた。強くなっている。」と頼もしい!

その言葉通り、4/30にはプロ1000安打、3・4月の月間MVPと絶好調だもんね。でもファンとして気になるのは1番から3番に変更した打順...。
シーズン最多安打を目標にしている(と聞いてる)大島にとって、単純に打席数が減るのはテンション下がるんじゃないの?と思っていたら、
「1番も3番も特別変わった感じはない。」ですって!
「打席回らないから3番嫌だよ?。」なんて甘えた考えはナッシング!そんなセコイ男じゃありません!(自分と一緒にしてごめんちゃい...)

しかもどうやら森監督の考え、
「大島の3番は京田にプレーで背中を見せる為。」ってのを聞いてる様子。しかも深ーく詳しーく...我々の考える以上の事を。その証拠に本人から
「京田に関しては言われた事はある。」と告白。「何を?」と食い下がるサンドラスタッフの質問には「いろいろ。」とはぐらかす大島。詳しくは語らないが、
「監督の思い描いてる事を若い人に伝えたい。変わらず、変えずやっていければ」と一言。.........深い。

変わりたい事は、根気がなくて変えられず。変えたくない事は、時代や世の中の流れを理由に変えざる得なくなる意思の弱い私...。何を言ってるんだ?

「チームとして失敗もあるが成長しているところもある。」

どこまでも私とは違う大島を信じよう!


【CBCラジオドラ魂ナイト】プロ野球ナビゲーター・戸井康成

※この内容はWEBニュースとして配信されたものです。

2017年7月22日

勝負の夏!後半戦始まる

5割復帰、Aクラス浮上へ!カギを握る大島選手の特集をお送りします。
チームへの思いを語ります。さらに、夏の新企画が登場!と一緒
ドラゴンズを応援しよう。勝利を願うみんなの思いは届いたのか!?
G戦C戦をたっぷりお送りします。