2017年4月24日

ドラ平田、「弱い自分を追い出す言葉」

【プロ野球おやじ戸井康成の「おっサンドラええがや」】

CBCテレビ「サンデードラゴンズ」(毎週日曜日午後12時54分から東海エリアで生放送)をみたコラム

 

ゴールデンウィーク突入前の日曜日。

名古屋は雲ひとつない快晴。

 

この地方の人にとって、そんな天気のことを「ドラゴンズブルー」と表現するのは、桃太郎が桃から産まれてきたのと同じくらい子供の頃から刷り込まれてきた当たり前のこと...。

 

しかし、肝心のドラゴンズはタイガース戦で、チーム初のカード勝ち越しと連勝を決めたものの、イマイチ快晴とはいかない状況が続いている。

 

そんな中、今日のサンドラは主砲平田の特集。ビシエドに替わって4番に座ってから絶好調!毎試合、ゲームのポイントで仕事をしてくれている。

 

番組では、平田の「言葉の力」に注目した。日頃から自分に言い聞かせている言葉。弱い自分を追い出す言葉。

 

Prove yourself right

(自分が正しい事を証明しろ!)

 

この言葉を言い聞かせて弱い自分が消えたそうだ...。

 

アレ?どーした?これサンドラだよね?情熱大陸じゃないよね?一瞬新聞のテレビ欄確認したよ。

 

実は平田本人がWBCの時、アストロズの青木宣親選手に掛けられた言葉らしい。

「自分が失敗すれば叩かれる。でも成功すれば正しいと証明出来る。」

この言葉がとても胸に響いたと。

 

なるほど。とかく「おとなしい」とか「地味」とか言われがちなドラゴンズのチームカラー。それを率先して変えようとしている選手の1人が我らが平田ではなかったか!

 

そんな彼がチームのど真ん中「4番」に座る...。それは何を意味するのか?

 

自分の色を出す事でチームのムードを変えてやる!という覚悟だ。

「自分が正しい事を証明してやる!」と。

 

またこんな事も言っていた。

「野球はメンタルなスポーツ。ベンチの雰囲気も大事。前に出て声を出した方が勝つ確率は上がると思う。」

 

信じよう。彼がお立ち台でドームに詰めかけたファンに向かって言った言葉を。

 

「皆さんの声援は選手に届いてます!」

 

我々ファンもスタンドから前のめりになって今まで以上に声を上げよう!

その声が選手の力になると信じて!

これもまた「言葉の力」なのだと。

 

頑張れ!ドラゴンズ!!

 

ちなみに、番組冒頭でMCの若狭アナがゲストの片岡安祐美さんに聞いた「荒木の2000安打と、どちらが早い?」うんぬんは、「言葉の力」でも何でもなくあれは「セクハラ」ではないか?

情熱大陸では決して聞かれない質問であった(笑)。

 

【CBCラジオドラ魂ナイト】プロ野球ナビゲーター戸井康成

 ※この内容はWEBニュースとして配信されたものです。

2017年4月23日

浮上のきっかけ!

森監督が動いた。
打順を入れ替え4番に座った平田チームを勝利へと導く!
この"勝負強さ"はどこからきているのか?
特集で明らかに・・・
さらにファンと共に喜んだ、今期初の連勝もたっぷりお送りします。

2017年4月17日

大島康徳氏、「小笠原と柳、投げさせれば!ダメなの?」


【プロ野球おやじ戸井康成の「おっサンドラええがや」】
CBCテレビ「サンデードラゴンズ」(毎週日曜日午後12時54分から東海エリアで生放送)をみたコラム

今週のサンドラ、冒頭は「初モノ特集」。

初タイムリーの京田、
初ホームランの亀沢、
初勝利の三ツ間、
初サヨナラヒットのゲレーロ...。

じゃ、ついでに俺の「初モノ」といえば......?

50歳も過ぎて「初モノ」を探すのが難しいなぁと思っていたら、先日帰りの地下鉄で初めて「座席譲られ体験」した事を思い出しました。自分が思ってる以上におっさんに見えるのね、俺。
当然「ありがとう!」と言って座りましたよ、そんなに混んでなかったけど、必要以上に疲れてる顔しながら。

そんな俺と違ってドラの初モノ戦士は皆、いい顔にしてました。
慣れ親しんだ神宮を味方にした京田、
奥さんのバースデーにアーチをかけた亀沢(ベンチでホームランを打ったバットを抱きしめていた姿は胸キュン!)、
育成から初勝利をあげた三ツ間とその勝利球をスタンドに投げ入れるフリをする森監督(こういうリアクションが出来る監督はドラで久しぶり!)、
そして、それまでの打席の不甲斐なさを払拭した安堵の表情ゲレーロ...。

皆、輝いた顔してました。ありがとう。

そんな中、本日一番輝いた顔していたのは解説の大島康徳さん。
今日は立浪和義さんとWゲスト。

ご存知のように2月にステージ4の大腸がんを告白した大島さん。

確かに【一発長打の大島くん♪】でお馴染み、現役の頃を知っているファンとしては「少々お痩せになったかな?」と心配になる感じでした。

しかし、一言ドラゴンズについて語り出すともう止まらない??
「チャンスでは捨てるボールを作れ!」
「小笠原と柳?すぐに投げさせよう。ダメなの?」もう熱い熱い!

安心しました。この日の誰よりも輝いた顔してましたよ、大島さん!

俺が一番好きだった頃の野武士ドラゴンズで、クリーンナップだった大島さん!
トレードで日ハムに行っても2000安打を達成した大島さん!
故近藤貞雄監督と熱烈なチューを繰り返した大島さん!
貴方なら大丈夫!きっと病魔に打ち勝つ一発長打を見せてくれるでしょう!頑張ってください、大島さん!

なんだかみてる俺たちが元気になる今日のサンドラでした。

後は...「カード勝ち越し」と「連勝」という「初モノ」に期待しましょう。

【CBCラジオドラ魂ナイト】プロ野球パーソナリティ戸井康成

※この内容はWEBニュースとして配信されたものです。

2017年4月15日

ドラに開花宣言!?

初モノ満載!ニューヒーロー誕生でチームが上向きに...
ルーキー京田選手のプロ初のタイムリー、育成から這い上がった
三ツ間投手の初勝利、亀沢選手のプロ1号HR、
ゲレーロの来日初のサヨナラなどなど見たいシーンが盛りだくさん!
さらに復帰を目指す小笠原慎之介投手&柳裕也投手の
最新情報をお伝えします。

2017年4月10日

立浪、得点圏打率1割台のドラに...


【プロ野球おやじ戸井康成の「おっサンドラええがや」】

CBCテレビ「サンデードラゴンズ」(毎週日曜日午後12時54分から東海エリアで生放送)をみたコラム

 今季のスローガン「原点回帰!0からのスタート」どころか、2カード終わって「マイナス5からのスタート」となったドラゴンズ...。いや、いまだスタート切れず状態、いつまで足踏みしてますの??足踏みし過ぎてその場に穴が掘れますよ、みなさん!


...てなこと愚痴っていたら今季初勝利!

 横浜相手にシーソーゲームをものにしてやっと森ドラゴンズの桜、開花しました。いやぁ長かったね...。


この日のサンドラも、ドームにつめかけたファンの勝利を熱望する様子が何組も紹介されてました。皆、想いは同じ。


スタジオ解説者は、今中慎二さんと立浪和義さん。お二人の想いも同じでしょう(しかしこのツーショット、豪華でたまらんな!)。


そんな中、立浪さんからドラゴンズ苦戦の1つに得点圏打率の低さが挙げられた。


確かにここまでのドラゴンズ打線は、塁上を賑わすものの、あと一本が出ない展開が続いているもんなぁ。


わかりやすく言うと、

 「プレゼンで一杯企画書出すけど採用されない」みたいな。違うか?

 「合コンには毎回参加するけどお持ち帰り出来ない」みたいな。これも違うか??


立浪さん曰く、必要なのは「ボールの見極め」「真っ直ぐを逆方向に」と。


わかりやすく言うと、

 「お持ち帰り出来る子と出来ない子の見極め」「真っ直ぐ駅まで送って行くんじゃなくて、逆方向に送って行く」あっもう良いですか、スイマセン。


とにかく得点圏打率が1割4分5厘じゃお話しになりません!



又吉投手の中1日ロングリリーフ、若松投手の中3日先発と、開幕早々、部員が10人しかいない野球部のようなスクランブル体制で投手陣が踏ん張ってくれてるうちに、今週こそ打線の奮起を期待しましょう!


それにしても、今中さんの手相に甘えん坊線があるのね、意外(苦笑)。

 

 【CBCラジオドラ魂ナイト】プロ野球ナビゲーター戸井康成

 ※この内容はWEBニュースとして配信されたものです。