2017年6月26日

森監督、「小笠原は上手く乗せればいくらでも踊る!」とサングラスの奥がギラリ

【プロ野球おやじ戸井康成の「おっサンドラええがや」】
CBCテレビ「サンデードラゴンズ」(毎週日曜日午後12時54分から東海エリアで生放送)をみたコラム

4日間ゲームがないと...
身体が痒くならない?ムズムズっと。
夜何度も起きちゃわない?歳か?
朝飯の納豆の粘りがイマイチじゃない?タレも袋から飛び散るし。
ビールは......いつも通り飲んでますが。
とにかく!交流戦終わってから長かった!あーっ長かった!

やっとリーグ戦再開!しかも相手は宿敵ジャイアンツ!やったるぜ!と我々以上に選手は燃えてくれたでしょう。

初戦は、G先発菅野の先輩・森野のマルチと久しぶりのスタメン福田のタイムリーで得た虎の子ならぬドラの子の1点をバルデスおじさん→田島→岩瀬の必勝リレーで勝利!岩瀬2014年7月以来のセーブのおまけ付き!

続く2戦目は小笠原完封か?と思わせつつの又吉救援!(完封は次回のお楽しみ)谷のプロ入り初本塁打も有りの大勝!こりゃテンション上がるでしょー。

そんな中で迎えたサンドラ。
番組も『森監督、逆襲のシナリオ』と大きく出た!『逆襲』って勇ましい文字が似合う監督だなぁ、Vシネ並み。

まずは「前半戦に比べ、交流戦後は手応えが違う。選手も仕上がっている。」と頼もしい一言。

その後、投打のポイントとなる選手を一通りピックアップしてコメント。

印象的だったのが、鈴木・小笠原・柳のドラ1トリオに向けての言葉。
性格や特徴を考慮しての指導法。それはまさに三者三様。小笠原!「上手く乗せればいくらでも踊る」って思われてるぞ(笑)...なんとなくわかるけど。

打者の方では京田。
「1年間使うと決めている。相手にボコボコにされてもやらせる。」これまたボコボコって文字が似合うなぁ...。
スーパー読んでるだけで横腹が痛い。「顔はダメだよ、ボディボディ!」

あと、中々帰ってこないビシエドに替わって4番に座るゲレーロについて。「4番は嫌だって、本人が言ってる」とコメント。まぁ本人が言うなら仕方ない。じゃ、ソロホームランが多過ぎるからいっそのこと1番バッターにしたら??ランナーがいると打てないみたいだし...(笑)

いずれにせよ、森監督からは選手への信頼と愛情が一杯伝わってきた。シーズン中、ここまで選手個人についてコメントしてくれる監督っていたかな?
いい人だよ!森監督。強面キャラとのギャップにムズきゅん!って女性も多いのでは?51のおっさんの俺もです...(笑)。

次はそんな森監督の愛に応える番だぜ、ドラ戦士たちよ!期待しております。

【CBCラジオドラ魂ナイト】プロ野球ナビゲーター・戸井康成

※この内容はWEBニュースとして配信されたものです。

2017年6月24日

森監督「後半戦へ手ごたえある」

後半戦のキーマンとして期待が膨らむ小笠原投手に
宮下純一が直撃!「途」

ペナントレースも折り返し地点!
勝負の夏へ森監督が
構想をたっぷり語った

2017年6月19日

今中慎二氏「平田は固め打ちが出来る!」と言ってくれたのに...


【プロ野球おやじ戸井康成の「おっサンドラええがや」】

CBCテレビ「サンデードラゴンズ」(毎週日曜日午後12時54分から東海エリアで生放送)をみたコラム

東海地方は梅雨の中休み?随分、長い中休みだなぁ今年は。しかしそれに合わせてチームも休んでもらっては困る!
ここは交流戦5割を目指して有終の美を飾って欲しい(放送時点8勝9敗)そんな想いでサンドラ。

解説の今中慎二さんは
「5割で終わり、いい形でシーズンに戻りたい」とコメント。ですよね?。

1学期いまいちクラスに馴染めなかった子が、いきなり夏休み明け垢抜けて『2学期デビュー』なんてよくある話。交流戦明け、セリーグの他チームがびっくりするぐらいの変化が欲しいぞ、ドラゴンズ!

解説もうお一方は、森本稀哲さん。
「先発投手がゲームを作れればいい勝負になる」とコメント。ですよね?。

学級委員が張り切りだすと今まで淀んでたクラスのムードが一変、『体育祭優勝』なんてこれまたよくある話。リーグ戦再開後、先発争いも激化だぜ、ドラゴンズ!

そんな中、番組では交流戦でやっと当たりが出てきた平田良介に注目。
森本さんは
「コワイ打線。両外国人が乗ってきてるだけにその後を打つ平田に期待」とファン心理をくすぐるコメント。あざす。しかし!今中さんは...
「上向いてるなら数字を残して欲しい」と辛口。た、確かに。
ただ、「彼は固め打ち出来るから」とフォローも忘れない!現役時代のピッチングと同じ緩急つけたトークだもんなぁ、さすが。

確かに平田の復活がホントなら、交流戦9本塁打・3割3分3厘・15打点(放送時点)のゲレーロと、5月MVPのビシエドと組むクリーンアップは強烈!これは期待出来るっ!と鼻息も荒くなるよね。するとこのタイミングでドームからの中継に切り替わり。現場には新レギュラー「マジプリ」。彼等から衝撃のニュースが!

『平田選手スタメン落ち。登録抹消です。』

えっ!何?今なんつった??

『平田登録抹消!』

番組内ではそれ以上詳しく伝えられなかったが、サンドラ終わりのデーゲーム中継で、前日の走塁で足を痛めた模様との報告が...。
サンドラでのワクワクから中継のドンヨリまで一気にダウンのフリーフォール状態。ここまで僅か数10分...。マジですか?マジですよ。

ただでさえビシエドが帰国中。そこに平田まで。『2学期デビュー』構想がいきなりぐらつくアクシデントではないか!
まさに飛車角落ち...。
これでは流石の藤井聡太四段でもお手上げか?と思っていたら交流戦ラストゲームを劇的勝利、先発・柳にもプロ初勝利が付いてなんとか交流戦5割でフィニッシュ!やりました!2人が戻るまでは、今いるメンバーで全力プレイ。これしかない!
リーグ戦再開は23日の巨人(東京ドーム)から。いっちょ、やったりましょーかね。頑張れドラゴンズ!

【CBCラジオドラ魂ナイト】プロ野球ナビゲーター・戸井康成

※この内容はWEBニュースとして配信されたものです。

2017年6月12日

赤星憲広氏、「パの絶対的エースを崩したのは大きい」


【プロ野球おやじ戸井康成の「おっサンドラええがや」】
CBCテレビ「サンデードラゴンズ」(毎週日曜日午後12時54分から東海エリアで生放送)をみたコラム

まずは、5月の月間MVPビシエド選手おめでとうございます。
打率341・本塁打8本・打点25はお見事!これからも「頼むぞ、ビシエド!」

しかし、4月の月間MVPは大島だったよなぁ。好調キープで現在もセリーグ首位打者。本塁打トップは17本でゲレーロだし。
投手陣も防御率1位は唯一1点台の又吉。バルデスも5位と健闘。セーブは15個で2位の田島。(いずれも11日現在)でも、チームは勝ち切れず...。

これどうなの?スッキリしないのは梅雨入りのせいだけではないぞ!と思ってるドラファン多いんじゃない?

しかーし!うさぎちゃんが13連敗、ツバメさんが10連敗とかしてくれちゃってるおかげ様?で順位は4位と上昇!
「この時期順位は関係ない!」と頭ではわかっているものの、身体が嬉しがっちゃうよね?。階段2段飛ばしで上がっちゃうし、苦手な辛い物もパクパク食べられるし、嫁さんのお小言も全然気にならないもん!単純な作りだな、俺。
ただ、借金は減ってないんだよなぁ...(チームも我が家も)
だからこそ、今のチーム状態が気になるところ。

そこで本日のサンドラ。
解説のお二人、山田久志さん曰く、
「投打のバランスが出てきた。」
赤星憲広さんは
「パリーグの絶対的なエースを崩したのは大きい。」とコメント。納得。

そんな中、今季初勝利を挙げた大野について。赤星さん曰く、
「闘志むき出しでやっている。」
山田さんは
「パワーピッチングから新たなるスタイルに進化する時期かも。」とコメント。こちらも納得。

試合後のヒーローインタビューで
「勝つ事って難しいと改めて感じた。ここから返していく。」と目頭を押さえながら答えた大野。信じてます!今まで以上に応援します!

さらに今週から番組に新しい仲間が!
【ドラゴンズスペシャル応援サポーター】MAG!C☆PRINCE。詳しくは各自で検索!

コーナー冒頭、柳沢アナから
「番組に若い力が加わります!」と紹介されてました。
ズバリ、番組に若さが足りないと!メインMCは若狭アナなんだけど、名前だけだからなぁ、若いの...。

次回以降、彼らがどんな活躍するのか楽しみにしてます。


【CBCラジオドラ魂ナイト】プロ野球ナビゲーター・戸井康成

 ※この内容はWEBニュースとして配信されたものです。

2017年6月10日

ドラゴンズ4位浮上!

5月月間MVP受賞ビシエド選手に引っ張られ、若手の京田選手
復調の平田選手、涙の初勝利を挙げた大野投手チームは4位に浮上!
さらなる飛躍を願い、ドラゴンズSpecial応援サポーターとして
MAG!CPRINCEが後押し!明日のサンドラ生出演!
ドラゴンズを盛り上げます。

2017年6月9日

MG!C☆PRNCE ドラゴンズSpecial応援サポーター

MAG!CPRINCEサンドラ力をあわせ多くの女性ファン
ドラゴンズの素晴らしさをお伝えします。
MAG!CPRINCEパワーで女性ファンを拡大し
ナゴヤドームを満員に!
ファンMAG!CPRINCE、そしてサンドラ
ドラゴンズ
盛り上げましょう!

2017年6月5日

星野仙一氏、2000安打荒木に「サルみたいだった!」


【プロ野球おやじ戸井康成の「おっサンドラええがや」】
CBCテレビ「サンデードラゴンズ」(毎週日曜日午後12時54分から東海エリアで生放送)をみたコラム

6月になりました。衣替えですな。
実家がクリーニング店だったので、この時季は町内中の学生の制服が我が家に集まってたのを思い出します。

さて、今日のサンドラ。
当然と言えば当然ですが、
「荒木雅博2000安打特集!!」

改めまして荒木雅博選手、2000安打おめでとうございます!

番組冒頭でも、荒木の2000安打への道のりをまとめて放送。ドラフト後のサンドラ出演時、学生服姿の初々しい事よ(一緒に出演していた門倉さんの
たくましいアゴよ!失礼。。)

解説はゲストに初代スーパーバイザー(毎回これ言うよね)、星野仙一さん。緊張の余り正座してみたよ、俺。

星野さん曰く、
「嬉しい。でも想像つかない。当時ゴボウみたいだった。よく20年間バットを振ってきた。」と荒木についてコメント。
「入団時は守備と足だけで使った。バットは少年野球。ただ身体能力はズバ抜けていて、サルみたいだった」と。
ゴボウだったりサルだったりって、それ褒めてる?

もう1人の解説は川上憲伸さん。
「その瞬間を見れたのは幸せ。守備では随分助けらせた」とコメント。強かった頃のドラゴンズだよなぁ、それ。

荒木さん!
これからの活躍も間違いなし!アキラ100%ならぬアラキ100%で間違いなし??
ただし、共にポロリ(放送事故とエラー)は厳禁でお願いします!


お祝いムードはここまで!
後半はチーム建て直しを星野さんに聞くの巻。
1)意識改革→負け犬根性の払拭。
2)大胆な補強→トレードやドラフト。
3)育成術→若手の起用。
以上を挙げていた。これが難しい。でも期待したいし、ワクワクする。

特に星野さんは小笠原と柳の2人が、ドラの将来を支えるエースになる素材だと断言。むしろ、そうしないとダメだとも。そしてエースの条件も...。
「貯金をいくつできるかがカギ。10勝10敗ではダメ。落とせないゲームをしっかり勝ってくれるのがエース。」それ納得。
同席してた憲伸さんには「まだまだだった」と辛口コメント。しかし、笑顔で。ハイ、ここポイント。この笑顔が全てをクリアにする。流石です。

ふぅ...。ここまでで満腹。今日は「幕の内弁当」いや「満貫懐石」。「盆と正月」、いや「盆と正月とクリスマスに誕生日」か...?とにかくネタが多すぎる!!
だってここに本来なら
・交流戦開幕
・小笠原ナゴド初勝利
・柳プロ初先発
・ゲレーロ6連発
・平田良介デーなどなど...。
取り上げるべき項目多数のはず。

まぁ、その全てを後回しにしても有り余る「荒木の2000安打」と「星野仙一生出演」でした。

しかしこれ、持ってるのはどっち?
ナゴヤドームで決めた荒木なのか?
それともここで楽天戦が組まれてる星野さんなのか?

ちなみにサンドラはどのタイミングで星野さんの出演をお願いしたのだろうか?
まさか2000安打と星野仙一出演を同じ日に予測してた?
だとしたら、プロデューサーのファインプレー。んな事はないな、サンドラだもん。また来週もみよ。

【CBCラジオドラ魂ナイト】プロ野球ナビゲーター・戸井康成

 ※この内容はWEBニュースとして配信されたものです。

2017年6月3日

レジェンドの仲間入り!

荒木選手 2000安打の大偉業達成おめでとうございます!
あすのサンドラでたっぷりお送りします。
ゲストは星野仙一さんと川上憲伸さんの夢の師弟共演です。