2018年1月29日

ドラゴンズ松坂大輔誕生!サンドラ独占インタビュー!

【プロ野球おやじ戸井康成の「おっサンドラええがや」】

 

CBCテレビ「サンデードラゴンズ」(毎週日曜日午後12時54分から東海エリアで生放送)をみたコラム

 

今季最強の大寒波に襲われた名古屋...。いや、名古屋だけでなく日本全国が凍てつく1週間となりました。

 

...しかし!!

その雪をも溶かすホットなニュースが!!

 

松坂大輔ドラゴンズ入団決定!

 

入団テストの前は「?」的な意見も多かったようですが、いざ受かってみると「歓迎ムード」が圧倒的。

実はわたくしもその1人。でも、でもね...なんだかんだ言っても松坂の投げてる姿が観たいんです!出来ればナゴヤドームの一軍のマウンドで!合格おめでとうございます。

連日、全国ニュースで取り上げられてまさにオフの主役扱い。悲しいかなここまで話題になるドラ戦士は久しぶり...。それだけで何だかワクワクするもん。後は、チーム内にどういう「化学変化」をもたらすか?お客様扱いで遠慮してるようじゃ、松坂にもチームにも好結果は生まれないでしょ?

その辺り、負けん気丸出しで向かって行くような若手選手が出てこないか期待しております(WWE的な乗りで...笑)

 

さて今週のサンドラ。先程の松坂の単独インタビューあり、新外国人の記者会見あり、更に沖縄からの生中継もありと大賑わい!

松坂のインタビューで印象的だったのは、

「1番自分が期待している。その気持ちが無くなったら終わり」という言葉。

おお!名セリフ出た!相変わらず言葉に発信力がある。

「自信が確信に変わった」という彼を語る上で外せない名言でもわかる様に、こういうキャッチーな言葉をサラッと吐ける選手は、今のドラゴンズには中々いない気がします。テレビの向こう側でどう捉えられるか?どう届くかって大事な事ですから...。我々ファンはそこでしか選手の人となりを知る事が出来ないケースもある訳ですからね。さすが、数多くのマスコミを相手にしてきた選手だなぁと実感しました。最後には、

「サンドラに沢山取り上げられる様に頑張ります!」ときっちり締めてくれました。

 

さて、スタジオゲストは岩瀬仁紀投手。沖縄からのゲストが荒木雅博選手。共に今季から、兼任コーチとなるベテランが登場。

 

昨シーズンは2人とも節目となる大記録を達成しましたよね。

 

岩瀬は6月に3年ぶりのセーブ。そして月間MVP。極め付けは、8月6日の950試合登板の新記録...。凄いの一言ですよ。昨シーズン前はインタビューで、

「一度死んだ身。怖いものはない。後はやるだけ。」とコメントしていただけに、この復活は本人も大満足なのでは...と思っていたら、

「心技体の体が半分しか持たなかったのが悔しい」とどこまでも貪欲。

更に、ここへきて新球チェンジアップをマスターしようと練習している様子に、ゲスト解説の川上憲伸さんは、

「守りに入らず攻めている。僕にないところ。」と笑いを交えて絶賛!

いやホント、1000登板目指して今季も頑張って欲しいですわ。

 

対して沖縄の荒木。

6月3日、48人目の2000安打を達成!今となれば、故星野仙一さんから花束を受け取るシーンは涙無くしては見られない2017年の名場面!

 

コンディションは?の問いかけに

「まあまあ」と答える荒木。

そういう時に限って、実はバッチリって事、ファンはみんな知ってますから!

 

スタジオの岩瀬からも、

「全部が手本になる。欠かせない存在。」と全幅の信頼を寄せたコメント。

さすが両ベテラン!と顔が綻んだ次の瞬間、

「そのTシャツ良いね。貰ってないんだけど...」と憲伸さん。それ今⁈

 

最後に兼任コーチとしてのコーチ論と今季の公約を披露。岩瀬は、

「今まで通り」なるほど、今までも若手にはその都度伝えてるという事ですね。後はそれを力に変えられるかは本人次第と。公約は、

「1年間一軍」昨シーズンの悔しさを晴らしてもらいましょう!

 

荒木は、コーチ論・公約共に、

「言葉より動き」なるほど、まだまだ若いもんには負けないぞという強い気持ちが伺えました。

 

岩瀬投手、荒木選手の活躍はファンなら誰もが望むところ。その反面、この偉大なる両ベテランを余裕で追い越して行く様な、そんな若手の活躍も見たいもんですな。お二人とも、まずは怪我なくキャンプインしてくださいね〜。

 

【CBCラジオドラ魂キング金曜担当】お茶の間代表野球ファン戸井康成

  ※この内容はWEBニュースとして配信されたものです。

2018年1月22日

ドラゴンズ森監督「2番起用は...」の秘策披露?!

【プロ野球おやじ戸井康成の「おっサンドラええがや」】

CBCテレビ「サンデードラゴンズ」(毎週日曜日午後12時54分から東海エリアで生放送)をみたコラム

 

松坂入団テスト・イチローNPB復帰?に参戦......。その他あれやこれや「嬉しい事」から「嘘でしょな事」まで、ここ数年に比べ珍しいほどオフの話題を提供するドラゴンズ...。さて、ファンの心境は如何なものか?

(ほんとはシーズン中も話題の中心にいて欲しいけど...。まぁ何もないオフよりましか??)

 

今週のサンドラ。ゲストは吉見一起投手。昨シーズンは5年ぶりの二桁勝利が期待されるも、3勝7敗防御率5.22と復活ならなかったベテラン。

 

吉見の二桁とドラゴンズのAクラスが見事にリンクしてる事を考えると、チームにとってなくてはならない投手であるのは間違いない!

 

インタビューでは何度も「崖っぷち」という言葉を口にする吉見。(それと同じくらい「股関節」という言葉も出てくるが...笑)

キャンプに向けて自主トレに励んでるようです。

 

2018年の完全復活に期待しましょう!

 

後半は森監督インタビュー!

1年間監督としてシーズンを戦った上で、期待通りだった人、嬉しい事に期待以上だった人、残念ながら期待外れだった人などなど今季に向けての構想を語ってくれました。

 

やはり投手出身の監督だけあって真っ先に挙げたのは投手陣。先発希望の又吉を含め鈴木翔太・小笠原・柳のドラ1トリオ、大野、吉見、山井、笠原に両外国人。更に伊藤準規の名前まで...。頭数は多い。しかし監督は、

「全員に期待してるが、必ず裏切る選手も出てくる」と実感こもったコメント。そうだよね〜。全員期待通りなら100勝軽くしちゃうもんな〜。

 

中継ぎ・抑えの候補も含め、あくまで現時点ではあるが大まかな陣容を紹介してくれた。さすが太っ腹(若しくは隠すほど居ないのか?どうも悲観的になるなぁ)

 

続いて野手陣。

高橋周平を含めて激化するセカンド争いと両外国人問題...。鍵を握るのは平田良介の状態との事。確かに彼が万全ならそれに越した事はないもんね。

 

打順は

「1番大島・2番京田は有り!だけど1番京田・2番大島は無い!」ほー。

「1番京田・3番大島なら2番は外国人」ほーほー。なるほどなるほど。

 

新外国人&FA補強・大野奨太捕手の新戦力についても。特に大野奨太には

「ピッチャーの良さをどれだけ引き出してくれるのか?」とコメント。長年ドラゴンズのウイークポイントだったポジションだけに、穴は埋まるか?

 

最後に

「弱い事はわかったが、何もコテンパンにやられた訳では無い。ココを直せばというのもある。」と森監督。

直してください、お願いします!

 

そんな森監督のインタビューをワイプ(画面の小窓)の中で、真剣に時に苦笑いを浮かべながら見ていた吉見。なんか2人の関係性が窺えて良いですな。こういう所を見せてくれるサンドラは流石。彼の2018公約は、

「ローテーションを守る!」でした。

 

抜群のコントロールで相手打者を手玉に取る...。そんな吉見投手の姿を1年間見たいものです。頑張って!

 

【CBCラジオドラ魂キング金曜担当】お茶の間代表野球ファン戸井康成

 ※この内容はWEBニュースとして配信されたものです。

2018年1月15日

ドラゴンズ・新婚京田が今季の公約に挙げた意外な事は...??

【プロ野球おやじ戸井康成の「おっサンドラええがや」】
CBCテレビ「サンデードラゴンズ」(毎週日曜日午後12時54分から東海エリアで生放送)をみたコラム

1月中頃になると「新年の誓い」に早くも挫折した人、忘れちゃった人、なかった事にしてる人...たくさんいるでしょうね。
うちの近所でも、箱根駅伝に影響されてか?はたまた「陸王」効果か?新年早々は、カラフルなウェア(おそらくスポーツ店の福袋)で揃えたジョガー達とすれ違ったものですが、最近めっきり見かけなくなりました。ちなみに私は毎朝ワンコの散歩してるだけですが...笑。
来年こそ長続きする「新年の誓い」にしましょう(自分への戒めも含め)!
さて今週のサンドラ。
各地で自主トレに励む選手の様子が。
なんかあれだね。みんな同じポジションや、気の合うメンバーでやってるようですな。勿論、1人でやるより練習の効率もいいだろうし、出来るメニューも増えるから、近年これが当たり前なんでしょうけど、チームメイトとはいえポジションを争うライバル...。そこは、身内にも手の内を明かさない孤独な「マル秘自主トレ」なんてのをやる選手が1人2人居てもいいのにな〜。昔は陶芸やったり、古武術習ったりといろいろな事やってる選手いたもんね。まぁ、シーズンに入って成果が出れば何でもいいんですけど、ファンとしては。
ゲストは福田永将・京田陽太・石垣雅海の3選手!
新人王から新婚王になった京田登場で、盛大に祝福かと思われたけど、そこは意外なほどサラリと。まぁ、まだまだ今季2年目となる選手。特別扱いしない?番組の姿勢は良し。
「新」繋がりで言えば、新選手会長の福田。やっぱり、昨季の18本塁打はファンのみならず、誰もが期待したくなる「和製大砲」。どんなスタイルの選手会長像を描いてくれるのか?ベンチに座ってるだけの選手会長なんて嫌だよね〜。常に試合に出てる選手会長じゃないとさ!って事は全試合スタメンだよ、今季は!
そして石垣。確かに期待の若手の1人ではあるし、昨季一軍も経験したけどここに並ぶと「まだまだ感」が否めない。勿論、ウエスタンでの彼の活躍やファンへの神対応は知ってるけど...。
?と思ってると今週も登場しました(VTRで)森野新コーチ!
我々視聴者の気持ちを代弁するように
「サンドラはまだ早いんじゃないの?活躍してから出るように。」と厳しい一言。これには石垣もタジタジ...。
その他、3人の自主トレテーマや、喜怒哀楽コーナー、ルーキーの入寮姿など今週も盛りだくさんの30分。
最後はそれぞれ今季の公約で締めてくれました。
福田は、
「全試合出場」
おお!思った通り!出来ればスタメンと付け加えて欲しかった!!
京田は、
「全試合フルイニング出場」
おお〜!更に此方の上を行く公約!頼もしい!パリーグ新人王源田に出来たんだから負けられんよな。
プラス「福田さんに乾杯の音頭」と書き込むあたり意外にお茶目!
石垣は、
「一軍20試合以上出場・フルスイング」
若々しい宣言が飛び出たよ。特訓中の外国人チックな?スイングをドームで早く観たいよ!
という訳で、2月になればすぐキャンプイン。そして瞬きしてるうちにオープン戦で、気がつけば開幕と...。野球は続くよどこまでも。すでにワクワクが止まらないっす。
【CBCラジオドラ魂キング】金曜担当パーソナリティ戸井康成

※この内容はWEBニュースとして配信されたものです。

2018年1月8日

2018年サンドラは大島軍団でスタート!


【プロ野球おやじ戸井康成の「おっサンドラええがや」】

 

CBCテレビ「サンデードラゴンズ」(毎週日曜日午後12時54分から東海エリアで生放送)をみたコラム

 

2018年、1発目のサンドラ。

 

まさかこんな悲しいニュースからお伝えしなければいけなくなるとは...。

 

『星野仙一さん死去』

 

中日のエースとして「燃える男」、中日・阪神・楽天の監督では「闘将」と呼ばれた星野仙一さん。

 

私も大好きな方でした。憧れにも似た感情を持っておりました。以前ラジオで電話出演して頂いた時は、電話なのにスタジオの空気がピンと張り詰めた感じがしたのを覚えております...。

 

ドラゴンズファンの皆さんにも、それぞれたくさんの思い出があるでしょう。そんな思い出をゆっくり語れる日が来るといいですね。

 

「夢、ありがとう」......。

 

ご冥福をお祈りいたします。

 

番組後半は大島・松井祐介・遠藤・高橋の4選手が登場。

 

揃って自主トレしている模様が伝えられました。大野軍団ならぬ大島軍団。

 

それでも大島以外、レギュラーが約束されていないメンバー。是非先輩から1つでも多くの「何か」を学んで欲しいですな。

 

そして新年の誓いをそれぞれ発表。

大島は、

「そろそろ打撃タイトルと盗塁王」

打順がどこになろうともドラゴンズ打線の鍵となるのは間違いなく大島。

今年も攻守にわたってチームを引っ張ってもらいましょう。

松井佑介は、

「楽勝」

ん??なんのこと?と思ったら

「楽しみながらやりたい。そうじゃないとファンも楽しくないでしょうから」

なるほど。さすが戸井の一推し選手!わかってるね~。頑張れ、祐介!

続いて遠藤、

「定位置奪取」

来季は外野にコンバートされて勝負の2年目。このイケメンをベンチに隠しておく?のはもったいない!

最後は高橋、

「楽しむ」

若干、松井とかぶった感がありますが、

「とにかく野球を楽しくやりたい!」とのコメントにここまでの苦悩が伺える。ファンの期待値は常にトップクラス!今季こそ覚醒してくれ、周平!

 

さて、やはり今週は気持ちの整理がつかないままの視聴となりました。

余分な事を書きそうな気分でもあり、この辺で終わります。

 

ドラゴンズには、是非この「夢」の続きを見せて欲しいものです。

 

【CBCラジオドラ魂キング金曜担当】お茶の間代表野球ファン戸井康成

 ※この内容はWEBニュースとして配信されたものです。