サンデードラゴンズ
≫番組ページはこちら
サンデードラゴンズ
毎週日曜日 午後0時54分から放送
星野仙一氏、2000安打荒木に「サルみたいだった!」
2017年6月5日 11:10 
 


【プロ野球おやじ戸井康成の「おっサンドラええがや」】
CBCテレビ「サンデードラゴンズ」(毎週日曜日午後12時54分から東海エリアで生放送)をみたコラム

6月になりました。衣替えですな。
実家がクリーニング店だったので、この時季は町内中の学生の制服が我が家に集まってたのを思い出します。

さて、今日のサンドラ。
当然と言えば当然ですが、
「荒木雅博2000安打特集!!」

改めまして荒木雅博選手、2000安打おめでとうございます!

番組冒頭でも、荒木の2000安打への道のりをまとめて放送。ドラフト後のサンドラ出演時、学生服姿の初々しい事よ(一緒に出演していた門倉さんの
たくましいアゴよ!失礼。。)

解説はゲストに初代スーパーバイザー(毎回これ言うよね)、星野仙一さん。緊張の余り正座してみたよ、俺。

星野さん曰く、
「嬉しい。でも想像つかない。当時ゴボウみたいだった。よく20年間バットを振ってきた。」と荒木についてコメント。
「入団時は守備と足だけで使った。バットは少年野球。ただ身体能力はズバ抜けていて、サルみたいだった」と。
ゴボウだったりサルだったりって、それ褒めてる?

もう1人の解説は川上憲伸さん。
「その瞬間を見れたのは幸せ。守備では随分助けらせた」とコメント。強かった頃のドラゴンズだよなぁ、それ。

荒木さん!
これからの活躍も間違いなし!アキラ100%ならぬアラキ100%で間違いなし??
ただし、共にポロリ(放送事故とエラー)は厳禁でお願いします!


お祝いムードはここまで!
後半はチーム建て直しを星野さんに聞くの巻。
1)意識改革→負け犬根性の払拭。
2)大胆な補強→トレードやドラフト。
3)育成術→若手の起用。
以上を挙げていた。これが難しい。でも期待したいし、ワクワクする。

特に星野さんは小笠原と柳の2人が、ドラの将来を支えるエースになる素材だと断言。むしろ、そうしないとダメだとも。そしてエースの条件も...。
「貯金をいくつできるかがカギ。10勝10敗ではダメ。落とせないゲームをしっかり勝ってくれるのがエース。」それ納得。
同席してた憲伸さんには「まだまだだった」と辛口コメント。しかし、笑顔で。ハイ、ここポイント。この笑顔が全てをクリアにする。流石です。

ふぅ...。ここまでで満腹。今日は「幕の内弁当」いや「満貫懐石」。「盆と正月」、いや「盆と正月とクリスマスに誕生日」か...?とにかくネタが多すぎる!!
だってここに本来なら
・交流戦開幕
・小笠原ナゴド初勝利
・柳プロ初先発
・ゲレーロ6連発
・平田良介デーなどなど...。
取り上げるべき項目多数のはず。

まぁ、その全てを後回しにしても有り余る「荒木の2000安打」と「星野仙一生出演」でした。

しかしこれ、持ってるのはどっち?
ナゴヤドームで決めた荒木なのか?
それともここで楽天戦が組まれてる星野さんなのか?

ちなみにサンドラはどのタイミングで星野さんの出演をお願いしたのだろうか?
まさか2000安打と星野仙一出演を同じ日に予測してた?
だとしたら、プロデューサーのファインプレー。んな事はないな、サンドラだもん。また来週もみよ。

【CBCラジオドラ魂ナイト】プロ野球ナビゲーター・戸井康成

 ※この内容はWEBニュースとして配信されたものです。

[4]新しい記事:MG!C☆PRNCE ドラゴンズSpecial応援サポーター
[6]古い記事:レジェンドの仲間入り!
カテゴリー
月別アーカイブ
[2]ページの先頭
[0]ブログトップ
関連ページ
サンデードラゴンズトップ
CBCトップ
(c) 2000 CBC TELEVISION CO.,LTD.