サンデードラゴンズ
≫番組ページはこちら
サンデードラゴンズ
毎週日曜日 午後0時54分から放送
ドラゴンズ又吉、顔認証は京田?藤井?
2017年12月25日 11:10 
 


【プロ野球おやじ戸井康成の「おっサンドラええがや」】

CBCテレビ「サンデードラゴンズ」(毎週日曜日午後12時54分から東海エリアで生放送)をみたコラム

 

世の中全国的にクリスマスイブである(当たり前)。お宅にはもうサンタさんはやって来ましたか?

 

世の中全国的に有馬記念でもある(当たり前)。お宅にはまた外れ馬券がやって来ましたか?

 

中には、有馬記念の結果によってサンタが来たり来なかったりするお宅もあるでしょうなぁ(来てもプレゼントが小さめになったりして...悲しい)

 

そんなわたくしも、普段の馬券はパットで購入する事が多いのですが、有馬記念だけは別!

やっぱり有馬は、競馬ファンでごった返すWINSに行かないと年末って感じが出ませんもん!(理想は中山競馬場での生観戦ですが...)。知らないおっちゃんとあ〜だこ〜だ言いながら馬券を握りしめる。そして泣く。年末の恒例行事ですな(結局負けてる訳で...)

 

今年はどうだったかって?文字が弾んでるのか、沈んでるのか...今回のコラムで察してください(笑)

 

さて、今年最後のサンドラ。ゲストは中継ぎの柱・谷元圭介投手と又吉克樹投手。2人共メガネにスーツ、ユニフォーム姿とはまた違う感じがナ〜イス!

 

のっけから、若狭アナにクリスマスの予定を聞かれ、谷元は、

「東京へ帰る」と単身赴任らしいコメント。対する又吉は、

「iPhoneの顔認証をチェックする」となんとも??な回答。すかさず、若狭アナから「京田選手の顔でも解除されるかも?」とツッコまれ苦笑いしてるところに本日の解説・川上憲伸さんから

「って事は藤井選手の顔でも解除ですね〜」と更にツッコミ!

解説者デビュー9ヶ月で「かぶせ」のテクニックをマスターとは憲伸さん恐るべし(笑)

 

先ずは恒例、それぞれの1年を振り返り。

又吉は3年連続の60試合以上登板も、中継ぎから先発、そしてまた中継ぎと度重なる配置転換の1年でした。森監督曰く、

「左に打たれる。三振が取れない。だから先発は任せられない。」と厳し目コメント。それでも又吉本人は先発に未練ありありの様子。番組中、再三再四「先発」という言葉を口にしていた。同時に、

「左に対して三振を取れる様な球種と配球を練習したい」と力強く宣言。川上さんの言うように、「後ろにいて欲しい(頼りになる)投手」というのもわかるけど、本人のやる気を生かす意味でも来季は先発・又吉投手が見たい!

 

続いて谷元。シーズン途中からチームに加入した事もあり、先ずはそれまでのドラゴンズのイメージを聞いてみると、

「厳しいイメージがあった。でも実際はそんな事無かった」とコメント。

するとまたしても憲伸さんが、

「まだまだ知らないんじゃないの?」と一言。これには谷元も苦笑い。

更に、ファンの皆さんにもっと谷元を知ってもらうためにVTRを用意。登場したのはタジ魔神こと田島慎二投手。

「いじればいじるほど面白くなる人」と谷元の事を紹介。VTR明けには、又吉から、

「お酒が入ると更に楽しい人」との報告も有り、谷元もそれを認めると待ちきれなかった憲伸さん!

「今度からスタジオにお酒用意しとかなきゃ!」と悪ノリ。

それでいて、

「低目にしっかりコントロール出来る投手。セリーグ向き。」ときっちり解説も。ホント、トークの方もしっかり緩急つけてますなぁ、憲伸さん。

 

その他、「喜怒哀楽」コーナーやマジプリの取材コーナーもあり、ファンにはとびきりのクリスマスプレゼントになったでしょう。

 

締めはもちろん、来季の公約。

谷元は、

「セリーグ制覇&日本一」

パリーグ時代は日本一の胴上げ投手にもなった男。それをセリーグでも見てみたいっすよね〜!

又吉は、

「タイトル&億超え」

果たしてそのタイトルは先発のもの?中継ぎのもの?開幕を待ちましょう!

 

さて、これにて2017年のサンドラは終了。

来季こそ...の想いが益々強くなる年末でしたね。ファンの皆様、来年もドラゴンズの応援よろしくお願いします!お付き合いありがとうございました。

 

2018年は1月7日からです。

それでは、皆様良いお年を!

 

【CBCラジオドラ魂キング金曜担当】お茶の間代表野球ファン戸井康成

※この内容はWEBニュースとして配信されたものです。

[4]新しい記事:2018年サンドラは大島軍団でスタート!
[6]古い記事:ドラゴンズ大野・田島・伊藤...泣く子も黙る大野軍団登場!でも泣いたのは...?
月別アーカイブ
[2]ページの先頭
[0]ブログトップ
関連ページ
サンデードラゴンズトップ
CBCトップ
(c) 2000 CBC TELEVISION CO.,LTD.