2017年5月13日

シビれた逆転劇!

GW最終日、打って 投げて 守って 全てが良かった
今季のベストゲーム。
鈴木翔太&小笠原慎之介若竜の奮闘。
さらに土曜日のシビれた逆転劇をたっぷりお送りします。

2017年5月8日

柳沢アナ、ライトスタンドの中心で「ドラゴンズ愛」を叫ぶ!


【プロ野球おやじ戸井康成の「おっサンドラええがや」】
CBCテレビ「サンデードラゴンズ」(毎週日曜日午後12時54分から東海エリアで生放送)をみたコラム

ゴールデンウィーク最後の日。「新緑の候」「薫風のみぎり」「青葉を渡る風も懐かしい季節となりました」ね。

SNSにはこれでもかとGWを満喫する楽しげな写真...。ニュースでも各地のイベントやお祭りを取り上げている...。
どこも盛り上がってるなぁ。

さて、ドラゴンズ。泥沼の6連敗である。借金も二桁まで膨らんだ(5/6現在)盛り上がりきれんなぁ。

子供の頃、泥んこ遊びが好きだった。
砂場にお城やダムを作って水張って遊んだなぁ。大好きだったえっちゃんの靴をドロドロにして泣かせちゃって...

あっそんな思い出話いりませんか?かしこまりました。

今週のサンドラは、そんな泥沼ドラゴンズの6連敗を振り返りつつも、ゲームシーンは控え目。そりゃ誰しもやられたところは見たくないもんね。

その分、1000安打を達成した大島を特集。7年目936試合での達成はチーム5番目のスピード。月間41安打は球団タイ記録まで後1本だった。惜しい!
それでも「観戦に来ていた家族の前で決められて良かった」とコメント。番組では今シーズンの得点圏打率の高さや若手の手本となるその姿勢を取り上げていた。納得!

スタジオは解説の今中慎二さんとゲストの宮下純一さんにお喋りメガネ若狭アナ。あれ?
番組の華・柳沢アナが居ない?これでは連敗で暗ーいスタジオが、更にイカスミぶちまけたみたいに真っ黒やんか!

御安心あれ!この日はドームからの生中継で出演!!
試合前のライトスタンドから、ファンのみなさんにインタビューしてチームに「ドラゴンズ愛」を発信していた。こういうフットワークの軽さはサンドラならでは。(勿論、その日の試合中継はCBC!)

その甲斐あって、この日のドラゴンズはジャイアンツ相手に8-1と快勝!
大島2安打、ゲレーロ&ビシエドにホームラン!ジョーダン2勝目!!

遅まきながら5月初勝利。柳沢アナがすっかり勝利の女神になってくれました。さっすが!

さぁ、世間と同じくカレンダー通り連休を取った(取っちゃった?)ドラゴンズ。他チームが五月病に掛かるであろうこれからが勝負ですよ!

ちなみに、前日6日CBCラジオのゲスト解説でドームにお邪魔したのは、俺。
結果6-1で惨敗...。柳沢さまと格の違いを見せつけられました...反省。

【CBCラジオドラ魂ナイト】プロ野球パーソナリティ・戸井康成

※この内容はWEBニュースとして配信されたものです。

2017年5月7日

窮地を救うのは「ファンの熱い声援」

この窮地を新しい力で脱したい!復帰を果たした小笠原投手と
最終調整のドラ1ルーキー柳投手。
さらに今こそファンの熱い声援がチームを救う!
明日のサンドラはナゴヤドームからファン生メッセージで
選手を励ましていただきます。

2017年5月1日

赤星憲広、「ドラゴンズ打順変えない方が良い」も、しかし!


【プロ野球おやじ戸井康成の「おっサンドラええがや」】
CBCテレビ「サンデードラゴンズ」(毎週日曜日午後12時54分から東海エリアで生放送)をみたコラム

世の中ゴールデンウィークですね。
G・W...。
「ジャイアンツ対ホエールズ」でも
「ジャイアントな和田アキ子」でも
「芸の為ならワイフも泣かす?♪」でも勿論ない。大型連休ですよ、ご存知の。

しかしこちとら、しがないローカルタレント。皆様がお休みの時こそ、身を粉にして働くのです。
「ごりごりにワークする!」のG・Wな訳です。

前置きが長くなりましたが、そんなG・W中のサンドラ。

このところ多少投打が噛み合い出したドラゴンズ。したがって1週間の試合の振り返りが中心で長目。

「先発投手勝ち星無し」を止めたバルデス、続いたジョーダン、先発として初勝利の又吉と勝ちゲームのシーンは何度見ても口角が上がるわ。

その間、不振だったゲレーロ&ビシエドにも待望の一発が出た。

これもひとえに、新打線にあると。その辺りポイントになる3人にきっちりインタビューしていた。流石サンドラ取材班(中日クラウンズで忙しい中ありがとうね?)。

1番に座った亀沢。若狭アナがしきりに「亀ヘッド」と自分のラジオ番組で連呼している(この辺り日曜お昼のサンドラでは控えるあたり器の小さい男である!)ヘッドスライディング連発のトップバッター。

3番は首位打者・大島。今年は得点圏打率も2位と返す男になっても好調をキープ。

そして最後は主砲4番平田。5試合連続打点と相変わらず勝負強い。

ここに荒木や京田、直倫に藤井、両外国人...いいんじゃない?見えてきたよ、上昇ドラゴンズ!

本日の解説陣は牛島和彦さんと赤星憲広さん。
赤星さんも「今の打順が良い。変えない方が良い。」とコメント。

中でも大島の好調にふれ、
「元々バットコントロールが上手い。上手すぎて去年まではボール球にも対応してしまっていた。で、そのうち状態を悪くしてしまっていた。今年はそれがない」と。そうですよね?。

で、期待してこの日のデーゲーム、阪神戦をみた。

1番大島・2番荒木・3番平田・4番ビシエド...亀沢はベンチ...。えっ??

打順変わってた!いろいろ事情はあるんでしょうけどびっくり!

まぁそういう意味では今年のドラゴンズは目が離せないという事か?

おまけの感想としては折角リリーフと先発で結果を残した牛島さんと盗塁のスペシャリスト赤星さんがいらっしゃるのならば、又吉の好投のポイントと、今シーズンのチームの特色「走る野球」についても聞いて欲しかったかなぁ。

【CBCラジオドラ魂ナイト】プロ野球ナビゲーター戸井康成

 ※この内容はWEBニュースとして配信されたものです。

2017年4月24日

ドラ平田、「弱い自分を追い出す言葉」

【プロ野球おやじ戸井康成の「おっサンドラええがや」】

CBCテレビ「サンデードラゴンズ」(毎週日曜日午後12時54分から東海エリアで生放送)をみたコラム

 

ゴールデンウィーク突入前の日曜日。

名古屋は雲ひとつない快晴。

 

この地方の人にとって、そんな天気のことを「ドラゴンズブルー」と表現するのは、桃太郎が桃から産まれてきたのと同じくらい子供の頃から刷り込まれてきた当たり前のこと...。

 

しかし、肝心のドラゴンズはタイガース戦で、チーム初のカード勝ち越しと連勝を決めたものの、イマイチ快晴とはいかない状況が続いている。

 

そんな中、今日のサンドラは主砲平田の特集。ビシエドに替わって4番に座ってから絶好調!毎試合、ゲームのポイントで仕事をしてくれている。

 

番組では、平田の「言葉の力」に注目した。日頃から自分に言い聞かせている言葉。弱い自分を追い出す言葉。

 

Prove yourself right

(自分が正しい事を証明しろ!)

 

この言葉を言い聞かせて弱い自分が消えたそうだ...。

 

アレ?どーした?これサンドラだよね?情熱大陸じゃないよね?一瞬新聞のテレビ欄確認したよ。

 

実は平田本人がWBCの時、アストロズの青木宣親選手に掛けられた言葉らしい。

「自分が失敗すれば叩かれる。でも成功すれば正しいと証明出来る。」

この言葉がとても胸に響いたと。

 

なるほど。とかく「おとなしい」とか「地味」とか言われがちなドラゴンズのチームカラー。それを率先して変えようとしている選手の1人が我らが平田ではなかったか!

 

そんな彼がチームのど真ん中「4番」に座る...。それは何を意味するのか?

 

自分の色を出す事でチームのムードを変えてやる!という覚悟だ。

「自分が正しい事を証明してやる!」と。

 

またこんな事も言っていた。

「野球はメンタルなスポーツ。ベンチの雰囲気も大事。前に出て声を出した方が勝つ確率は上がると思う。」

 

信じよう。彼がお立ち台でドームに詰めかけたファンに向かって言った言葉を。

 

「皆さんの声援は選手に届いてます!」

 

我々ファンもスタンドから前のめりになって今まで以上に声を上げよう!

その声が選手の力になると信じて!

これもまた「言葉の力」なのだと。

 

頑張れ!ドラゴンズ!!

 

ちなみに、番組冒頭でMCの若狭アナがゲストの片岡安祐美さんに聞いた「荒木の2000安打と、どちらが早い?」うんぬんは、「言葉の力」でも何でもなくあれは「セクハラ」ではないか?

情熱大陸では決して聞かれない質問であった(笑)。

 

【CBCラジオドラ魂ナイト】プロ野球ナビゲーター戸井康成

 ※この内容はWEBニュースとして配信されたものです。