2017年7月10日

ドラ京田、「新人王?少しは頭にある」と正直にコメント


プロ野球おやじ戸井康成の「おっサンドラええがや」】

CBCテレビ「サンデードラゴンズ」(毎週日曜日午後12時54分から東海エリアで生放送)をみたコラム

 

タイガースに3連勝したと思ったらカープに3連敗。でまたスワローズ相手に3連勝!

まさにジェットコースターのような成績!!(そもそも絶叫系は苦手だ、俺。)

 

「よっしゃー!」とビールで乾杯したと思ったら、次のカードは「くっそー!」とやけ酒。でまた次のカードは「よっしゃー!」で乾杯!もう身体がもちましぇん!(結局飲みたいだけ?)

 

それでも確実に借金を減らしているドラゴンズ。調子が上がってきてる事は間違いない。そんな中でのサンドラ。

 

好調の要因を解説の今中慎二さんは

「先発投手に勝ち星が付いている」とコメント。

確かに又吉・岩瀬・田島の盤石の救援陣に目が行きがちだけど、交流戦後の勝ちゲームは皆、先発が勝ち投手に。しっかりゲームを作ってる証拠だね。

 

ゲストの宮下純一さんは

「投打がうまく噛み合っている」とコメント。

このところのホーム9連勝は早めに先制点を挙げ、投手中心に守りきる理想のカタチ。ですよねー。

 

そんな好調ドラゴンズのトップバッター・京田陽太を特集!

京田が1番に入った6月2日以降、チームの勝率が5割8分6厘。しかも第1打席の打率は4割7分9厘!まさに京田の電光石火の活躍がチームの勝利に直結してると。いやー頼もしいもんね、ホントにルーキー?って思うもんな。

 

開幕前「線の細さ」や「非力」などを不安視する声が多かったし、順調に開幕したらしたで「疲れは大丈夫?」と心配される。まぁルーキーだけに仕方ない事とはいえ、本人としてはどんな気持ちだったんだろ?『もうほっといてくれ!』って感じか...?でも爽やか好青年の京田はそんな事微塵も感じさせない。来る日も来る日も黙々と全力プレーをする。その姿にファンはいつしかルーキーって事を忘れちゃう。あっぱれ京田!

 

「1番多く塁に出て、1番多くホームに戻ってこなきゃいけない。」

「どんな形でも塁に出る事だけを考えている。」

熱い言葉が京田の口から出る。

 

この逞しさは1つのエラーから生まれたと。5月28日のスワローズ戦...。

「とにかく悔しかった。忘れられないプレーの1つ。」大量失点のキッカケになったワンプレーを悔んだ。

 

その悔しさを胸に日々プレーしているという京田。

「プロ入りして野球が仕事になった。1つのミスで投手の人生を変えるかもしれない。」

「だからこそ1つ1つのプレーに責任を持ってやらないといけない。」

 

改めて思う。ホントにルーキー?頼もしすぎるぜ、京田!

 

インタビュアーの宮下さんがまとめる。

「京田選手の出塁が相手の出鼻を挫く。逆にそれに乗ってファンはイケイケで応援に入っていける」と。

 

そう、京田陽太はドラファンの切り込み隊長でもあるのです!頑張れ京田!頼むぞ京田!応援しておりますよ!

 

因みに、「新人王は?」の問いかけに、

「少しは頭にある!」とハニカミながらコメント。よっ正直者!でも当然です!こうなったら早めの「当確」決めちゃいましょう。

 

【CBCラジオドラ魂ナイト】プロ野球ナビゲーター・戸井康成

 ※この内容はWEBニュースとして配信されたものです。

2017年7月8日

ブルゾン京田with 宮下

新リードオフマン京田選手宮下が直撃!「
今やチームに欠かすことのできない存在。
恐竜復活!
攻撃陣の原動力となっている。
スワローズ3連勝!3位ベイスターズとの熱い戦いを
たっぷりお送りします。

2017年7月3日

山田久志氏、「今投げてるのは岩瀬の弟!」と驚愕の発言!


プロ野球おやじ戸井康成の「おっサンドラええがや」】
CBCテレビ「サンデードラゴンズ」(毎週日曜日午後12時54分から東海エリアで生放送)をみたコラム

本日は中京競馬場で【第53回CBC賞】G3のイベントに出演の為、帰宅後録画したサンドラを鑑賞。解説は山田久志さん。

先ずは、1週間の振り返り。
対タイガース3連勝に盛り上がる!

続いて『ドラゴンズが勝ったら私〇〇します』コーナーへ。
「元カノに告白します」をはじめファンの皆さんの熱いドラゴンズ愛が続々...。なのになんか不完全燃焼。

インタビューを受けた方々には申し訳ないけど、採用のハードルが...。

正直、「今週このコーナーいる?」っていう気も。折角チーム状態が上がってきてるからさ、選手のいろいろ聞きたい事&知りたい事たくさんあるんじゃないって思ったの俺だけ?

勿論、ファン参加企画は大切だと思うけど、だからこそ折角面白そうなコーナーが生まれただけに、しっかり練ってオンエアして欲しいな。ナレーションもスタジオアナが対応するより、別枠にした方が差別化出来るんじゃないかなぁ、ちょいと勿体無い。まぁ、お茶の間目線ですのでお許しを...。

でもスタジオでは、その企画に関して山田さんに振り直してみたり、結構いじるじゃない?マジプリのラップやお弁当まで出してきて。(スタッフもいろいろ気を使わなきゃ!てのがお茶の間に見えてしまうのよ、悪いけど。)

それでも山田さんはすごいね。あんな事まで答えてくれるんだね。別の意味で感心したよ(詳しくは本編見て!)

特集は岩瀬投手。
「投げられないと生きている感覚が無い。」「1軍での苦しみは幸せ。」
「守るものは無い。だから攻めだけでいける。ルーキーの心境。」「ひとつひとつの状況を考えながら。1日クリアしたらまた1日。」うーん...コメント一言一言が重い&ありがたい。

マウンドでただ淡々と、そして冷静にバッターに向かっていく姿を見るたびに背筋が伸びる。表情とは裏腹に額や首筋は汗いっぱいだ。それでも1人づつ1人づつ。
見ているこちらは今度は知らず知らずに正座する。
ファンをこんな気持ちにしちゃう投手、今の時代いないよなぁ。
頑張れ岩瀬!大きな声で応援しております。是非最多登板の新記録を!でも...

こんな感動のインタビューの後、スタジオの山田さん、
「今の岩瀬は弟が投げている。」
「インタビューも上手だもん。」

驚きの別人疑惑?コメント。きっちりオチをつけてくれました。
山田さんはやっぱすごいね!

【CBCラジオドラ魂ナイト】プロ野球ナビゲーター・戸井康成

※この内容はWEBニュースとして配信されたものです。

2017年6月26日

森監督、「小笠原は上手く乗せればいくらでも踊る!」とサングラスの奥がギラリ

【プロ野球おやじ戸井康成の「おっサンドラええがや」】
CBCテレビ「サンデードラゴンズ」(毎週日曜日午後12時54分から東海エリアで生放送)をみたコラム

4日間ゲームがないと...
身体が痒くならない?ムズムズっと。
夜何度も起きちゃわない?歳か?
朝飯の納豆の粘りがイマイチじゃない?タレも袋から飛び散るし。
ビールは......いつも通り飲んでますが。
とにかく!交流戦終わってから長かった!あーっ長かった!

やっとリーグ戦再開!しかも相手は宿敵ジャイアンツ!やったるぜ!と我々以上に選手は燃えてくれたでしょう。

初戦は、G先発菅野の先輩・森野のマルチと久しぶりのスタメン福田のタイムリーで得た虎の子ならぬドラの子の1点をバルデスおじさん→田島→岩瀬の必勝リレーで勝利!岩瀬2014年7月以来のセーブのおまけ付き!

続く2戦目は小笠原完封か?と思わせつつの又吉救援!(完封は次回のお楽しみ)谷のプロ入り初本塁打も有りの大勝!こりゃテンション上がるでしょー。

そんな中で迎えたサンドラ。
番組も『森監督、逆襲のシナリオ』と大きく出た!『逆襲』って勇ましい文字が似合う監督だなぁ、Vシネ並み。

まずは「前半戦に比べ、交流戦後は手応えが違う。選手も仕上がっている。」と頼もしい一言。

その後、投打のポイントとなる選手を一通りピックアップしてコメント。

印象的だったのが、鈴木・小笠原・柳のドラ1トリオに向けての言葉。
性格や特徴を考慮しての指導法。それはまさに三者三様。小笠原!「上手く乗せればいくらでも踊る」って思われてるぞ(笑)...なんとなくわかるけど。

打者の方では京田。
「1年間使うと決めている。相手にボコボコにされてもやらせる。」これまたボコボコって文字が似合うなぁ...。
スーパー読んでるだけで横腹が痛い。「顔はダメだよ、ボディボディ!」

あと、中々帰ってこないビシエドに替わって4番に座るゲレーロについて。「4番は嫌だって、本人が言ってる」とコメント。まぁ本人が言うなら仕方ない。じゃ、ソロホームランが多過ぎるからいっそのこと1番バッターにしたら??ランナーがいると打てないみたいだし...(笑)

いずれにせよ、森監督からは選手への信頼と愛情が一杯伝わってきた。シーズン中、ここまで選手個人についてコメントしてくれる監督っていたかな?
いい人だよ!森監督。強面キャラとのギャップにムズきゅん!って女性も多いのでは?51のおっさんの俺もです...(笑)。

次はそんな森監督の愛に応える番だぜ、ドラ戦士たちよ!期待しております。

【CBCラジオドラ魂ナイト】プロ野球ナビゲーター・戸井康成

※この内容はWEBニュースとして配信されたものです。

2017年6月24日

森監督「後半戦へ手ごたえある」

後半戦のキーマンとして期待が膨らむ小笠原投手に
宮下純一が直撃!「途」

ペナントレースも折り返し地点!
勝負の夏へ森監督が
構想をたっぷり語った