サンデードラゴンズ

毎週日曜日 午後0時54分から放送

シーズン中からオフまで、いつでもドラゴンズ一色!ドラゴンズの情報をどこよりも熱く、そして詳しくお伝えします!

ドラゴンズ松坂大輔誕生!サンドラ独占インタビュー!

2018年1月29日 11:10

【プロ野球おやじ戸井康成の「おっサンドラええがや」】

 

CBCテレビ「サンデードラゴンズ」(毎週日曜日午後12時54分から東海エリアで生放送)をみたコラム

 

今季最強の大寒波に襲われた名古屋...。いや、名古屋だけでなく日本全国が凍てつく1週間となりました。

 

...しかし!!

その雪をも溶かすホットなニュースが!!

 

松坂大輔ドラゴンズ入団決定!

 

入団テストの前は「?」的な意見も多かったようですが、いざ受かってみると「歓迎ムード」が圧倒的。

実はわたくしもその1人。でも、でもね...なんだかんだ言っても松坂の投げてる姿が観たいんです!出来ればナゴヤドームの一軍のマウンドで!合格おめでとうございます。

連日、全国ニュースで取り上げられてまさにオフの主役扱い。悲しいかなここまで話題になるドラ戦士は久しぶり...。それだけで何だかワクワクするもん。後は、チーム内にどういう「化学変化」をもたらすか?お客様扱いで遠慮してるようじゃ、松坂にもチームにも好結果は生まれないでしょ?

その辺り、負けん気丸出しで向かって行くような若手選手が出てこないか期待しております(WWE的な乗りで...笑)

 

さて今週のサンドラ。先程の松坂の単独インタビューあり、新外国人の記者会見あり、更に沖縄からの生中継もありと大賑わい!

松坂のインタビューで印象的だったのは、

「1番自分が期待している。その気持ちが無くなったら終わり」という言葉。

おお!名セリフ出た!相変わらず言葉に発信力がある。

「自信が確信に変わった」という彼を語る上で外せない名言でもわかる様に、こういうキャッチーな言葉をサラッと吐ける選手は、今のドラゴンズには中々いない気がします。テレビの向こう側でどう捉えられるか?どう届くかって大事な事ですから...。我々ファンはそこでしか選手の人となりを知る事が出来ないケースもある訳ですからね。さすが、数多くのマスコミを相手にしてきた選手だなぁと実感しました。最後には、

「サンドラに沢山取り上げられる様に頑張ります!」ときっちり締めてくれました。

 

さて、スタジオゲストは岩瀬仁紀投手。沖縄からのゲストが荒木雅博選手。共に今季から、兼任コーチとなるベテランが登場。

 

昨シーズンは2人とも節目となる大記録を達成しましたよね。

 

岩瀬は6月に3年ぶりのセーブ。そして月間MVP。極め付けは、8月6日の950試合登板の新記録...。凄いの一言ですよ。昨シーズン前はインタビューで、

「一度死んだ身。怖いものはない。後はやるだけ。」とコメントしていただけに、この復活は本人も大満足なのでは...と思っていたら、

「心技体の体が半分しか持たなかったのが悔しい」とどこまでも貪欲。

更に、ここへきて新球チェンジアップをマスターしようと練習している様子に、ゲスト解説の川上憲伸さんは、

「守りに入らず攻めている。僕にないところ。」と笑いを交えて絶賛!

いやホント、1000登板目指して今季も頑張って欲しいですわ。

 

対して沖縄の荒木。

6月3日、48人目の2000安打を達成!今となれば、故星野仙一さんから花束を受け取るシーンは涙無くしては見られない2017年の名場面!

 

コンディションは?の問いかけに

「まあまあ」と答える荒木。

そういう時に限って、実はバッチリって事、ファンはみんな知ってますから!

 

スタジオの岩瀬からも、

「全部が手本になる。欠かせない存在。」と全幅の信頼を寄せたコメント。

さすが両ベテラン!と顔が綻んだ次の瞬間、

「そのTシャツ良いね。貰ってないんだけど...」と憲伸さん。それ今⁈

 

最後に兼任コーチとしてのコーチ論と今季の公約を披露。岩瀬は、

「今まで通り」なるほど、今までも若手にはその都度伝えてるという事ですね。後はそれを力に変えられるかは本人次第と。公約は、

「1年間一軍」昨シーズンの悔しさを晴らしてもらいましょう!

 

荒木は、コーチ論・公約共に、

「言葉より動き」なるほど、まだまだ若いもんには負けないぞという強い気持ちが伺えました。

 

岩瀬投手、荒木選手の活躍はファンなら誰もが望むところ。その反面、この偉大なる両ベテランを余裕で追い越して行く様な、そんな若手の活躍も見たいもんですな。お二人とも、まずは怪我なくキャンプインしてくださいね〜。

 

【CBCラジオドラ魂キング金曜担当】お茶の間代表野球ファン戸井康成

  ※この内容はWEBニュースとして配信されたものです。

  • LINEで送る